布マスク(立体)の作り方~画像で解説してるよ~

布マスクの作り方お役立ち情報

不織布マスクが手に入りにくい状態が続いていますね。

我が家も、ストックしていた不織布マスクが底をつきました…

そこで、実際に購入した布マスクをもとに作ってみました!

立体型の布マスクの作り方をご紹介します。

どんなマスクができる?

布マスク完成

今回作るマスクは、こんな感じ↑です。

マスク用のゴム紐がなかったため、赤白帽子のあご紐にも使われるものを代用しました。

作成時間は20分。

できあがり寸法は、たて15cm×横22cm。(机の上に立体的に置いてはかったとき)

準備するもの

布マスクの材料

準備するもの

  • 布(20cm×20cmが4枚分)
  • ゴム(約25cmを2本)
  • 型紙
  • ペン
  • はさみ
  • ミシン
  • 糸通し(または安全ピン)
  • (手縫いの場合は針と縫い糸)
ぴぴまる
ぴぴまる

今回は、表側の布(表地)を花柄に、裏側の布(裏地)を紫色にしました。

生地の裏地はダブルガーゼが望ましいですが、手に入らないときはもう着ないTシャツとかで代用できます。

型紙を準備する

型紙を準備します。

家にプリンターがある人は、型紙をダウンロードしてA4用紙にコピーしてください。

大人用 立体型布マスク型紙

プリンターがない人は、コンビニにコピーしにいく方法もありますが、今はできるだけ外出したくないですよね。

実物がある人は、紙の上に立体型マスクを置いて、縫い代分(約1cm)大きめに縁どりしてください。

立体型の布マスクを持っていない人は、以下の画像を参考にしてみてください。

布マスク型紙B5

B5の紙に書いた型紙です。

布を裁断

布マスク 裁断

※布を裁断する前に、必ず水通ししてください。しないと、マスクを洗ったら縮む可能性があります。

型紙を布の上に置いて、ペンでなぞります。

チャコペンがない方は、ボールペンでもできますよ。目立たないようにうすめに書いてください。

表地と裏地、それぞれ布を中表にして(おもて面が内側にくるように2枚重ねて)、裁断してください。

縫う

縫う手順は、

  1. 花柄の布(表地)を縫い合わせる。
  2. 紫色の布(裏地)を縫い合わせる。
  3. 表地と裏地を中表にして合体。
  4. 上下を縫い合わせる。
  5. 横の部分から手を入れて表に返す。
  6. 上下にステッチをかける。
  7. ゴムを通す部分を縫う。
  8. ゴムを通す。

完成☆

さっそく縫っていきましょう!

マスクを縫う

中表にして(おもて面を内側にして合わせて)縫います。

布マスク縫い終わり

↑ 縫えました。

同様に、裏地(紫色の布)も中表にして縫います。

表地と裏地を縫い終わったところ

↑ 縫い終わりました。

裏地を表に返す

↑ 裏地(紫色の布)を、おもて面が外側にくるようにします。

(花柄のほうは、おもて面が内側にくるようにしたままで)

↓ 中表にして合体させて、表地と裏地を縫い合わせます。

裏地と表地を縫い合わせたところ

縫えたら、横の部分から手を入れて、表にひっくり返します。

表に返す

アイロンを使ってきれいに整え、上の部分を下の部分にステッチをかけます。

(この工程ははぶいてもいいけど、ステッチかけた方が仕上がりがきれいで、マスクを洗ったあと布がずれにくいです。)

(↓ ステッチは、上下の白い点線の部分です。)

ステッチをかける

ゴムを通す部分は、三つ折りにして縫います。

(1回折っただけで縫うと、糸がほつれてきてしまうので。)

ゴムを通す

布マスクにゴムを通す

ひも通しや安全ピンを使ってゴム紐を通します。

自分の顔にちょうどよい長さに調節してください。

ゴム紐の結び目は、マスクのなかにかくしてくださいね。

これで完成です!

(上の写真のゴムは、太すぎました…。今、マスク用のゴム紐も、細めのゴムも手に入りにくいですよね。いつになったら品薄状態は改善されるのかな)

≫楽天市場でマスクのゴムを見る。

≫Amazonでマスクのゴムを見る。
ぴぴまる
ぴぴまる

ぜひ、お好きな柄の布で作ってみてください!

タイトルとURLをコピーしました