離乳食のエプロンおすすめはこれ!4種類のエプロンを使った経験から解説します

子育て

離乳食がはじまると必要になるのが、食事エプロン。

タイプもいろいろあって、迷いますよね。

かわいいもの、おしゃれなものもたくさんあるので、柄で選ぶのももちろんいいです(^^)

でも、離乳食後期になると1日3回+おやつで使うので、洗ったり乾かしたりの管理がとにかく大変!

忙しい子育てのなかでは、後片付けが簡単なものが断然ラクですよ★

ぴぴまる
ぴぴまる

いろんなタイプのエプロンを使った私が、エプロンのタイプ別にメリットデメリットをご紹介します。

ズバリ、私が一番使い勝手よかったのは、シリコン製エプロンです!!

離乳食エプロンの種類(素材)は4つ

離乳食エプロン

離乳食のお食事エプロンは、大きく分けて4つの種類に分けられます。

  • シリコン製エプロン
  • ポリエステル製エプロン
  • 布とEVA樹脂の二重になっているエプロン
  • 使い捨てエプロン

このうち、<ポリエステル製>と<布とEVA樹脂の二重のエプロン>は、スタイ型と長袖エプロン型があります。

(シリコン製と使い捨てエプロンは、ほとんどがスタイ型です。)

シリコン製エプロン

なんといっても、管理が楽!すぐ乾くおかげでカビないから、衛生的◎

メリット

  • カビがはえない。
  • すぐ乾く。
  • タオルで水分を拭き取れば、もう濡れてない。
  • 食器と一緒に洗剤とスポンジで洗える。
  • ポケットが型崩れないから、食べ物や汁物をキャッチしてくれる。

デメリット

  • 洗濯機では洗えない。
  • 保育園では、使用不可の場合もある。
  • 持ち運び時はかさばる。

折りたたむことができないものが多いので、ごはんはお家で食べる方に向いています。

ポリエステル製エプロン

かわいい柄のものがたくさん!

メリット

  • 洗濯機で洗える。
  • 乾きやすい。
  • コンパクトに畳んだり丸めたりできるので、持ち運びに便利。
  • 長袖タイプもあって、お食事だけでなく絵具遊びや砂遊び用としても使える。

デメリット

  • ポケットがちゃんと開いてなくて、食べこぼしをキャッチできていないことがある。
  • ポケットの縫い目が乾きづらくカビが生えることもある。

保育園で使う場合など、長時間濡れた状態で保管していると、カビやすいので注意。

洗濯機で洗えるといっても、ポケットに入った食べこぼしを取り除く手間はあります。

布とEVA樹脂の二重になっているエプロン

表に撥水生地、裏に綿の生地の二重になっているタイプのエプロンです。

こちらも柄が豊富なので、選ぶのがたのしいです♪

メリット

  • つけ心地がごわごわしない。(体にフィットする)
  • コンパクトに畳めて持ち運びは便利。
  • 柄が豊富。

デメリット

  • 二重になっているので乾きづらい。
  • 布とEVA樹脂の間に水分や洗剤の泡がたまって、とれない。
  • カビやすい。

とにかく、カビやすいです。

私も最初はこれを使っていましたが、2か月も経たずにカビくさくなりました。

使い捨てエプロン

使い捨てエプロンも意外とありました!

メリット

  • とにかく楽。
  • 持ち運びにも便利。

デメリット

コストがかかる。

  • ゴミが出る。

セリア 使い捨てエプロン3枚入り

100円ショップのセリアにも、使い捨てエプロンがありますよ。3枚入りで110円。

帰省などで長距離移動するときは、セリアの使い捨てエプロンがあると助かります!

離乳食エプロンのおすすめはシリコン製

お食事エプロン、4つのタイプを使った感想から言えるのは、断然シリコン製がおすすめだということです!

洗いやすくて、カビないところがポイント高いですね。

  

でも、シリコン製のエプロンは子どもが嫌がる場合もあります。

保育園ではシリコン製はだめという園もあります。

その時は、ポリエステル製のエプロンが管理が楽ですよ。

ぴぴまる
ぴぴまる

2重になっていないものは、乾きやすくて衛生的★

月齢や生活スタイルに合わせて選ぶのがベスト

 離乳食をはじめたばかりの頃は、親が食べさせるし量も少ないので、通常のスタイでも問題ありません。むしろ、そのほうが片付けが楽かな。

手づかみ食べが始まると、食べこぼしがたくさんでるので、ポケット付きのお食事エプロンを使うと服が汚れにくいです。(エプロン使ってても汚れてしまうことが多いですが(^^;))

こどもが嫌がってエプロンをしてくれない場合もあります。シリコン製のエプロンをつけるのを嫌がるなら、ポリエステル製のエプロンを試してみるのもひとつの方法です。

ぴぴまる
ぴぴまる

私の息子は、1歳半頃からエプロン自体をつけるのを嫌がるようになりました…。

もうエプロンをつけるのはあきらめて、毎食後ぜんぶ着替えています。

シミがついたら困る服は着て食べないように気を付けています。

種類も柄も豊富な離乳食のエプロン。使いやすくてかわいくオシャレなものが見つかると、大変な離乳食も楽しくなりますよ☆

タイトルとURLをコピーしました