こどもの靴選びのポイント5つ~足に合った靴は体の正常な発達のために大切~

子どもの靴選びのポイント子育て
  • こどもの靴、どんなものを選べばいいかわからない。
  • はじめての靴はどれがいい?
  • サイズがちゃんとあっているかわからない。

こどもの靴選びって、難しいですよね。

こどもは、自分できついとか言わないし。

でも、こどもの足に合った靴をはいてないと、正常に発達しません。

足にあった靴をはいていないと…

  • 外反母趾
  • 内反小趾
  • O脚
  • X脚
  • かがみ指
  • 浮き指

 

これはまずいですよね。

でも、足にあった靴を選んでいれば大丈夫!

この記事で、靴選びのポイントを5つご紹介します。

脱ぎ履きしやすい靴

マジックテープががばっと開いて、脱いだり履いたりしやすい靴が良いです。

こどもが、自分で脱ぎ履きしやすいので、自分でやろうという意欲も育ちます。

 “手を使わずに”脱ぎ履きしやすい靴はNG!

立ったまま手も使わずすんなり履ける、スリッパのような靴は足によくないです。

すんなり履けるということは、すんなり脱げるということ。

脱げないようにと、本来力を入れるはずのない場所に力が入ってしまって、足指の変形につながります。

つま先にゆとりがある靴

つま先に、7~10mmの余裕がある靴が良いです。

足指で地面をつかむようにして歩くため、足指を靴の中で自由に動かせる空間のある靴を選びましょう。

でも、大きすぎる靴もダメ!

足指の変形につながってしまいます。

靴のなかで足がずれてしまい、ずれないように変なところに力を入れて歩くようになるからです。

大きすぎず、でも適度にゆとりのある靴が良いです。

定期的ににサイズを確認

子どもは、足の成長も早いです。

早い子では、3か月でサイズアウトしてしまう!

でも、きつくなってきても自分で親に言うことはできません。

定期的に子どもの足の大きさを測って、靴がきつくなっていないか見ることも大切です。

ぴぴまる
ぴぴまる

子どもの靴がきつくなっていないか調べるときに、靴の中敷きを使うと便利!

中敷きを靴から出して、子どもの足を中敷きの上にかかとを合わせて置いて、つま先にどれほどゆとりがあるか測れば、靴がきつくなっていないか判断できるよ。

でも、中敷きだと足が何センチかまではわかりません。

足のサイズをはかる道具、フットメジャーを家庭に1つ持っておくのもいいですね。

≫ フットメジャーが無料!?子供服の通販、キムラタンでお買い物する↓(準備中)

かかとは硬め、つま先は反り返った靴

かかとの骨の発育を守るため、かかとはしっかりとしたものが良いです。

また、つまずき防止のために、つま先は反り返ったものにしましょう。

軽すぎない靴

重い靴は足に負担がかかりそうだから、できるだけ軽い靴を選んでいませんか?

軽い靴は、実は足によくない靴です。

スリッパのように足を支えてくれる強度もなく、靴が脱げないように持ち上げながら、ひっかけながら歩くようになってしまい、歩きにくいため逆に足が疲れてしまいます。

足をしっかり固定して保護してくれる、適度に重さのある靴が良いです。

(足に合った靴だと、「軽い」と感じるそうです。適度な重さがある靴なのに、軽く感じられる靴こそよいのかもしれません。)

足幅も確認しよう

足の幅も個人差があることを知っていますか?

足幅は「EEE」などと表されます。

(表示のある靴は多くはありませんが。)

また、同じサイズの靴でもメーカーによっても足幅は異なります。

必ず、両足履いて少し歩いてみてから購入するようにしましょう。

シューフィッターさんに相談

ここまで、靴選びのポイントをご紹介してきました。

でも、やっぱり

  • 正しい靴選びってむずかしい!
  • どれが子どもに合っているのかわからない!

という方は、正しく合った靴を紹介してくれるシューフィッターさんのいるお店に行って相談するのも良いですよ。

タイトルとURLをコピーしました